クイーンペルル(2019年生、母エレメンタリー)

Queen Perle

2019.05.18

クイーンペルル(2019年5月18日)は、日本の競走馬。牝馬。毛色は芦毛。種牡馬のギンザグリングラス(当時14歳)と交配したエレメンタリーが9歳のときに産んだ2番仔が本馬である。産地は北海道沙流郡門別町、生産者は旭 牧場。

経歴

デビュー前

秋田大助厩舎(北海道)へ入厩。

2歳(2021年)

7月28日、デビュー戦は坂下秀樹騎手を鞍上に据えて、2歳戦のフレッシュチャレンジ門別ダート1000m 晴/良)に出走。馬体重は458kg。9頭立ての9番人気で6番ゲートからスタート。でレースが進む中、8番手を追走し、4コーナーは9番手で通過。直線では速い脚を使えず9着に終わった。

8月12日、中1週で迎えた2戦目は、宮崎光行騎手を鞍上に迎えて、牝馬限定の2歳門別ダート1000m 晴/稍重)に出走。12頭立ての12番人気で7番ゲートからスタート。でレースが進む中、終始12番手を追走。直線では他馬と同じような脚色になり10着に終わった。

8月24日、中1週で迎えた3戦目は、牝馬限定の2歳門別ダート1200m 雨/不良)に出走。鞍上は坂下秀樹騎手(1戦0勝)。12頭立ての11番人気で11番ゲートからスタート。でレースが進む中、終始10番手を追走。直線では末脚が冴えず10着に終わった。

9月15日、中2週で馬体重を前走から14kg増やして迎えた4戦目は、2歳戦のクラッチシューター中野司賞門別ダート1000m 晴/稍重)に出走。鞍上は2戦連続で坂下秀樹騎手(2戦0勝)。10頭立ての10番人気で3番ゲートからスタート。でレースが進む中、3番手を追走し、4コーナーは4番手で通過。最後はスピードが落ちてしまい9着に終わった。

9月28日、中1週で馬体重を前走から8kg絞って迎えた5戦目は、2歳戦の新冠町開町140周年記念賞門別ダート1000m 曇/稍重)に出走。鞍上は3戦連続で坂下秀樹騎手(3戦0勝)。12頭立ての12番人気で大外12番ゲートからスタート。でレースが進む中、9番手を追走し、4コーナーは10番手で通過。直線では伸びを欠き11着に終わった。

10月12日、中1週で迎えた6戦目は、2歳戦のクラブコンサドーレ賞門別ダート1000m 晴/不良)に出走。鞍上は4戦連続で坂下秀樹騎手(4戦0勝)。12頭立ての12番人気で10番ゲートからスタート。でレースが進む中、4番手を追走していたが、途中でジワリジワリとポジションが下がり4コーナーを6番手で通過。直線では末脚にキレが無く9着に終わった。

10月27日、中1週で迎えた7戦目は、2歳門別ダート1600m 内回り 曇/不良)に出走。鞍上は5戦連続で坂下秀樹騎手(5戦0勝)。7頭立ての7番人気で4番ゲートからスタート。でレースが進む中、終始7番手を追走。直線では今一つ伸び切れず7着に終わった。

3歳(2022年)

4月20日、約6か月の休養明けで馬体重を前走から16kg増やして迎えた8戦目は、3歳門別ダート1000m 晴/良)に出走。鞍上は6戦連続で坂下秀樹騎手(6戦0勝)。7頭立ての6番人気で2番ゲートからスタート。でレースが進む中、4番手を追走していたが、途中でズルズルとポジションが下がり、4コーナーを6番手で通過。直線では脚を伸ばせず7着に終わった。

4月28日、連闘で迎えた9戦目は、3歳門別ダート1000m 晴/良)に出走。鞍上は7戦連続で坂下秀樹騎手(7戦0勝)。7頭立ての7番人気で5番ゲートからスタート。でレースが進む中、3番手を追走し、4コーナーは4番手で通過。直線では鋭い脚を使えず6着に終わった。

デビュー前

秋田大助厩舎(北海道)へ入厩。

5月4日、デビュー戦は坂下秀樹騎手を鞍上に据えて、3歳門別ダート1000m 晴/良)に出走。8頭立ての7番ゲートからスタート。競走除外となった。

5月11日、中1週で迎えた10戦目は、3歳門別ダート1000m 晴/良)に出走。鞍上は8戦連続で坂下秀樹騎手(8戦0勝)。7頭立ての6番人気で7番ゲートからスタート。でレースが進む中、終始2番手を追走。最後は脚色が鈍り5着に終わった。

5月19日、連闘で迎えた11戦目は、3歳戦のAIRDOインスタグラム賞門別ダート1000m 曇/良)に出走。鞍上は9戦連続で坂下秀樹騎手(9戦0勝)。8頭立ての7番人気で7番ゲートからスタート。でレースが進む中、終始3番手を追走。最後はバタバタになってしまい7着に終わった。

5月25日、連闘で迎えた12戦目は、3歳門別ダート1200m 晴/良)に出走。鞍上は10戦連続で坂下秀樹騎手(10戦0勝)。9頭立ての7番人気で1番ゲートからスタート。でレースが進む中、3番手を追走し、4コーナーは2番手で通過。直線では余力が残っておらず8着に終わった。

5月31日、連闘で馬体重を前走から10kg減らして迎えた13戦目は、3歳門別ダート1000m 雨/重)に出走。鞍上は11戦連続で坂下秀樹騎手(11戦0勝)。9頭立ての8番人気で5番ゲートからスタート。でレースが進む中、8番手を追走し、4コーナーは7番手で通過。直線では見所を作れず9着に終わった。

6月16日、中1週で迎えた14戦目は、一般C4-5門別ダート1200m 曇/不良)に牝馬ながら54kgの斤量を背負って出走。鞍上は12戦連続で坂下秀樹騎手(12戦0勝)。12頭立ての12番人気で5番ゲートからスタート。でレースが進む中、7番手を追走し、4コーナーは6番手で通過。最後は脚色が衰えて11着に終わった。

8月23日、中9週で迎えた15戦目は、一般C4-5門別ダート1000m 雨/稍重)に牝馬ながら54kgの斤量を背負って出走。鞍上は13戦連続で坂下秀樹騎手(13戦0勝)。11頭立ての9番人気で8番ゲートからスタート。でレースが進む中、終始2番手を追走。直線では余力が残っておらず10着に終わった。

9月6日、中1週で迎えた16戦目は、3歳以上C4-4門別ダート1000m 曇/稍重)に出走。鞍上は14戦連続で坂下秀樹騎手(14戦0勝)。9頭立ての9番人気で2番ゲートからスタート。でレースが進む中、6番手を追走していたが、徐々にポジションが下がり4コーナーを8番手で通過。直線ではイマイチ伸び切れず8着に終わった。

9月20日、中1週で迎えた17戦目は、日高町歩くスキー賞門別ダート1000m 晴/重)に出走。鞍上は15戦連続で坂下秀樹騎手(15戦0勝)。12頭立ての10番人気で大外12番ゲートからスタート。でレースが進む中、4番手を追走していたが、徐々にポジションが下がり4コーナーを7番手で通過。直線では末脚がパッとせず11着に終わった。

10月4日、中1週で迎えた18戦目は、3歳以上C4-4門別ダート1000m 雨/不良)に出走。鞍上は16戦連続で坂下秀樹騎手(16戦0勝)。10頭立ての10番人気で大外10番ゲートからスタート。でレースが進む中、8番手を追走し、4コーナーは7番手で通過。直線ではジワジワとしか伸びず7着に終わった。

10月18日、中1週で迎えた19戦目は、一般C4-4門別ダート1000m 晴/良)に出走。鞍上は17戦連続で坂下秀樹騎手(17戦0勝)。8頭立ての7番人気で5番ゲートからスタート。でレースが進む中、5番手を追走していたが、徐々にポジションが下がり4コーナーを7番手で通過。直線では今一つ伸び切れず7着に終わった。

11月1日、中1週で迎えた20戦目は、一般C4-4門別ダート1000m 曇/良)に出走。鞍上は18戦連続で坂下秀樹騎手(18戦0勝)。7頭立ての6番人気で2番ゲートからスタート。先手を取り、で一団を先導。先頭のまま1馬身のリードを保って4コーナーを通過。直線に入ると、粘り切れず3着に敗れた。

11月8日、連闘で迎えた21戦目は、3歳以上C4-4門別ダート1200m 曇/稍重)に出走。鞍上は19戦連続で坂下秀樹騎手(19戦0勝)。7頭立ての4番人気で6番ゲートからスタート。ハナに立つ形となり、で馬群を先導。先頭のまま1馬身のリードを保って4コーナーを通過。最後は失速してしまい5着に敗れた。