ダノンソフィア(2019年生、母ショウリュウムーン)

Danon Sophia

2019.03.08

ダノンソフィア(2019年3月8日)は、日本の競走馬。牝馬。馬名の意味は「冠名+英知、優れた知恵(ギリシャ語)」。毛色は鹿毛。種牡馬のキタサンブラック(当時7歳)と交配したショウリュウムーンが13歳のときに産んだ4番仔が本馬である。産地は北海道安平町、生産者はノーザンファーム。主な勝ち鞍は2022年の3歳未勝利。

経歴

デビュー前

佐々木晶三厩舎(栗東)へ入厩。

3歳(2022年)

1月30日、デビュー戦は団野大成騎手を鞍上に据えて、3歳新馬中京芝2000m 曇/良)に出走。馬体重は498kg。18頭立ての2番人気に推されて7番ゲートからスタート。緩やかなペースでレースが進む中、終始5番手を追走。直線では逸出した伸び脚で猛追したが、抜け出したブラックブロッサムを捕まえ切れず、1馬身差の2着に敗北した。

2月27日、中3週で迎えた2戦目は、3歳未勝利阪神芝2000m 晴/良)に出走。鞍上は2戦連続で団野大成騎手(1戦0勝)。12頭立ての圧倒的1番人気に推されて6番ゲートからスタート。平均的なペースでレースが進む中、4番手を追走していたが、道中でジワリジワリとポジションを押し上げて4コーナーを2番手で通過。直線では堅実に脚を伸ばしたが、勝ったサンライズエースにねじ伏せられて2馬身差の2着に敗北した。

3月20日、中2週で迎えた3戦目は、酒井学騎手を鞍上に迎えて、3歳未勝利阪神芝1800m 外回り 晴/稍重)に出走。18頭立ての3番人気に推されて10番ゲートからスタート。ミドルペースでレースが進む中、6番手を追走し、4コーナーは7番手で通過。直線では長くいい脚を使ってゴールまで頑張ったが、4着に終わった。

5月22日、中8週で迎えた4戦目は、藤岡佑介騎手を鞍上に迎えて、3歳未勝利中京芝2200m 晴/良)に出走。10頭立ての1番人気に推されて大外10番ゲートからスタート。前に出て、ミドルペースでレースを引っ張る。先頭のまま1馬身のリードを保って4コーナーを通過。直線では次元の違う末脚を炸裂させて、最後は2着のグローを3/4馬身振り切って初白星を挙げた。

10月16日、約5か月の休み明けで馬体重を前走から18kg増やして迎えた5戦目は、角田大河騎手を鞍上に迎えて、3歳以上1勝クラス阪神芝2400m 外回り 晴/良)に49kgの軽斤量で出走。10頭立ての2番人気に推されて5番ゲートからスタート。平均的なペースでレースが進む中、終始5番手を追走。直線では上がり2位タイの伸び脚を披露したが上位争いには絡めず5着に敗れた。

11月12日、中3週で迎えた6戦目は、3歳以上1勝クラスの二本松特別福島芝2000m 晴/良)に出走。長時間の輸送競馬は初となった。鞍上は藤岡佑介騎手(1戦1勝)。15頭立ての1番人気に推されて9番ゲートからスタート。端を取り切り、ややスローペースでレースを引っ張る。先頭のまま半馬身のリードを保って4コーナーを通過。直線では脚勢がやや鈍り、3着に終わった。

12月10日、中3週で迎えた7戦目は、牝馬限定の3歳以上1勝クラス中京芝2000m 晴/良)に出走。鞍上は2戦連続で藤岡佑介騎手(2戦1勝)。15頭立ての3番人気に推されて10番ゲートからスタート。先手を奪い、遅いペースで一団を先導。先頭のまま半馬身のリードを保って4コーナーを通過。直線ではやや伸びを欠き、3着に終わった。

4歳(2023年)

2月26日、約2か月半の間隔を開けて迎えた8戦目は、佐々木大輔騎手を鞍上に迎えて、牝馬限定の4歳以上1勝クラス小倉芝2000m 晴/良)に出走。13頭立ての1番人気に推されて8番ゲートからスタート。ややスローペースでレースが進む中、終始2番手を追走。直線では伸びが劣勢になり5着に敗れた。

3月19日、中2週で迎えた9戦目は、牝馬限定の4歳以上1勝クラス中京芝1600m 晴/稍重)に出走。鞍上は2戦連続で佐々木大輔騎手(1戦0勝)。16頭立ての2番人気に推されて13番ゲートからスタート。ゆったりとしたペースでレースが進む中、終始4番手を追走。直線ではぐいぐいと終いの脚を伸ばして先頭に立ち、最後は2着のインザオベーションをクビ差振り切って2勝目を掴み取った。

4月23日、中4週で迎えた10戦目は、大野拓弥騎手を鞍上に迎えて、4歳以上2勝クラスの石和特別東京芝1800m 晴/良)に出走。8頭立ての4番人気で1番ゲートからスタート。端をきる形となり、極端なスローペースで馬群を引っ張る。先頭のまま半馬身のリードを保って4コーナーを通過。直線ではあとひと踏ん張りが利かず、3着に終わった。

7月9日、約2か月半の間隔を開けて迎えた11戦目は、3歳以上2勝クラスのシンガポールターフクラブ賞中京芝1600m 曇/稍重)に出走。鞍上は藤岡佑介騎手(3戦1勝)。12頭立ての2番人気に推されて3番ゲートからスタート。平均的なペースでレースが進む中、終始3番手を追走。直線ではいいところがなく6着に敗れた。

7月30日、中2週で迎えた12戦目は、ハンデ戦で3歳以上2勝クラスの豊栄特別新潟芝1600m 外回り 晴/良)に出走。鞍上は大野拓弥騎手(1戦0勝)。13頭立ての7番人気で10番ゲートからスタート。先頭に立つ格好となり、かなり遅いペースでレースを牽引。先頭のまま1馬身のリードを保って4コーナーを通過。直線では力感溢れる脚捌きでゴールまで走り切り、3着に入った。

8月27日、中3週で迎えた13戦目は、津村明秀騎手を鞍上に迎えて、3歳以上2勝クラスの五頭連峰特別新潟芝1600m 外回り 晴/良)に出走。17頭立ての8番人気で5番ゲートからスタート。かなり遅いペースでレースが進む中、4番手を追走し、4コーナーは3番手で通過。直線では余力が残っておらず17着に敗れた。

12月2日、約3か月の休み明けで馬体重を前走から20kg増やして迎えた14戦目は、ハンデ戦で3歳以上2勝クラスの中京日経賞中京芝1600m 晴/良)に出走。鞍上は佐々木大輔騎手(2戦1勝)。13頭立ての4番人気で8番ゲートからスタート。若干遅いペースでレースが進む中、5番手を追走していたが、途中でズルズルとポジションが下がり、4コーナーを10番手で通過。直線では上がり2位タイの末脚を繰り出したが上位には割り込めず5着に敗れた。