ダイシンビヨンド(2019年生、母ダイシンパーティー)

Daishin Beyond

2019.03.04

ダイシンビヨンド(2019年3月4日)は、日本の競走馬。牝馬。馬名の意味は「冠名+超越」。毛色は鹿毛。種牡馬のキズナ(当時9歳)と交配したダイシンパーティーが17歳のときに産んだ9番仔が本馬である。産地は北海道沙流郡門別町、生産者は中原牧場。主な勝ち鞍は2022年の3歳未勝利(牝)。

経歴

デビュー前

梅田智之厩舎(栗東)へ入厩。

3歳(2022年)

4月24日、デビュー戦は坂井瑠星騎手を鞍上に据えて、牝馬限定の3歳未勝利阪神芝1600m 外回り 小雨/稍重)に出走。馬体重は454kg。18頭立ての7番人気で大外18番ゲートからスタート。平均的なペースでレースが進む中、12番手を追走し、4コーナーは13番手で通過。直線では脚が残っておらず14着に敗れた。

6月12日、中6週で迎えた2戦目は、松若風馬騎手を鞍上に迎えて、牝馬限定の3歳未勝利中京芝1600m 晴/良)に出走。15頭立ての11番人気で3番ゲートからスタート。ややハイペースでレースが進む中、終始2番手を追走。直線に入ると、前で粘るアドマイヤラヴィを豪脚で交わし去り、最後は5馬身の差をつけて初白星を挙げた。

7月2日、中2週で迎えた3戦目は、牝馬限定の3歳以上1勝クラス小倉芝1800m 晴/良)に出走。長時間の輸送競馬は初となった。鞍上は2戦連続で松若風馬騎手(1戦1勝)。10頭立ての2番人気に推されて1番ゲートからスタート。若干遅いペースでレースが進む中、9番手を追走していたが、徐々に進出して4コーナーを7番手で通過。直線では上がり2位の末脚を繰り出したが上位には割り込めず4着に敗れた。

4歳(2023年)

1月15日、約6か月半の休み明けで馬体重を前走から18kg増やして迎えた4戦目は、牝馬限定の4歳以上1勝クラス小倉芝2000m 晴/稍重)に出走。鞍上は3戦連続で松若風馬騎手(2戦1勝)。13頭立ての4番人気で7番ゲートからスタート。若干緩いペースでレースが進む中、終始2番手を追走。直線では脚が上がってしまい13着に敗れた。

3月19日、中8週で馬体重を前走から14kg絞って迎えた5戦目は、牝馬限定の4歳以上1勝クラス中京芝1600m 晴/稍重)に出走。鞍上は4戦連続で松若風馬騎手(3戦1勝)。16頭立ての1番人気に推されて6番ゲートからスタート。逃げを打つ恰好となり、ユッタリとしたペースで集団を牽引。先頭のまま1馬身のリードを保って4コーナーを通過。直線では決め手が足りず、4着に終わった。

4月23日、中4週で迎えた6戦目は、4歳以上1勝クラス京都芝1400m 外回り 晴/良)に出走。鞍上は5戦連続で松若風馬騎手(4戦1勝)。18頭立ての3番人気に推されて8番ゲートからスタート。少し緩いペースでレースが進む中、終始6番手を追走。直線ではゴールまでジンワリと伸びたが、6着に終わった。

5月14日、中2週で迎えた7戦目は、牝馬限定の4歳以上1勝クラス京都芝1800m 外回り 小雨/稍重)に出走。鞍上は6戦連続で松若風馬騎手(5戦1勝)。8頭立ての2番人気に推されて4番ゲートからスタート。やや緩いペースでレースが進む中、終始2番手を追走。直線では目を引く伸び脚で猛進したが、伸びてきたサンクフィーユ決め手に屈してクビ差の2着に甘んじた。

6月11日、中3週で迎えた8戦目は、牝馬限定の3歳以上1勝クラス阪神芝1800m 外回り 曇/稍重)に出走。鞍上は7戦連続で松若風馬騎手(6戦1勝)。16頭立ての4番人気に推されて11番ゲートからスタート。ミドルペースでレースが進む中、終始2番手を追走。最後は脚が止まってしまい8着に敗れた。

7月2日、中2週で迎えた9戦目は、富田暁騎手を鞍上に迎えて、3歳以上1勝クラス中京芝1600m 晴/良)に出走。8頭立ての4番人気で5番ゲートからスタート。平均ペースでレースが進む中、3番手を追走し、4コーナーは2番手で通過。直線ではいいところがなく4着に敗れた。

9月23日、約3か月の間隔を開けて馬体重を前走から10kg増やして迎えた10戦目は、3歳以上1勝クラス阪神芝1800m 外回り 晴/良)に出走。鞍上は松若風馬騎手(7戦1勝)。13頭立ての8番人気で1番ゲートからスタート。平均ペースでレースが進む中、終始7番手を追走。直線では全く伸びず9着に終わった。

5歳(2024年)

3月10日、約5か月半の休み明けで迎えた11戦目は、4歳以上1勝クラス阪神芝1600m 外回り 晴/良)に出走。鞍上は2戦連続で松若風馬騎手(8戦1勝)。10頭立ての3番人気で9番ゲートからスタート。若干緩いペースでレースが進む中、3番手を追走し、4コーナーは2番手で通過。直線では詰めが甘くなり、3着に終わった。

3月30日、中2週で迎えた12戦目は、4歳以上1勝クラス阪神芝1800m 外回り 晴/良)に出走。鞍上は3戦連続で松若風馬騎手(9戦1勝)。10頭立ての5番人気で2番ゲートからスタート。平均ペースでレースが進む中、5番手を追走していたが、徐々にポジションが下がり4コーナーを7番手で通過。直線ではしぶとく脚を伸ばしたが、勝ったグランデサラスにねじ伏せられてクビ差の2着となった。

4月14日、中1週で迎えた13戦目は、4歳以上1勝クラス阪神芝1600m 外回り 晴/良)に出走。鞍上は4戦連続で松若風馬騎手(10戦1勝)。17頭立ての1番人気に推されて5番ゲートからスタート。やや遅いペースでレースが進む中、8番手を追走し、4コーナーは9番手で通過。直線では見せ場なく12着に敗れた。

6月15日、中8週で迎えた14戦目は、西塚洸二騎手を鞍上に迎えて、牝馬限定の3歳以上1勝クラスの3歳以上1勝クラス京都芝1800m 外回り 晴/良)に出走。8頭立ての4番人気で2番ゲートからスタート。少し遅いペースでレースが進む中、終始2番手を追走。直線では見せ場を作れず4着に敗れた。

7月6日、中2週で馬体重を前走から14kg減らして迎えた15戦目は、牝馬限定の3歳以上1勝クラス小倉芝1800m 晴/良)に出走。鞍上は2戦連続で西塚洸二騎手(1戦0勝)。16頭立ての8番人気で2番ゲートからスタート。若干遅いペースでレースが進む中、8番手を追走していたが、途中でジワリジワリとポジションが下がり4コーナーを10番手で通過。直線では今ひとつ伸びが無く10着に敗れた。