ローズライン(2021年生、母アイファインバンド)

Rose Line

2021.02.27

ローズライン(2021年2月27日)は、日本の競走馬。牝馬。毛色は栗毛。種牡馬のグァンチャーレ(当時9歳)と交配したアイファインバンドが14歳のときに産んだ仔が本馬である。産地は北海道新冠郡新冠町、生産者は中央牧場。

経歴

デビュー前

1歳のとき、中央牧場から「北海道サマーセールサラブレッド1歳」に上場されたが主取りとなった。

高本友芳厩舎(兵庫)へ入厩。

2歳(2023年)

11月28日、デビュー戦は永井孝典騎手を鞍上に据えて、2歳園田ダート1400m 晴/良)に出走。馬体重は450kg。7頭立ての6番人気で1番ゲートからスタート。でレースが進む中、7番手を追走し、4コーナーは6番手で通過。直線では目立つような脚を使えず6着に終わった。

12月12日、中1週で迎えた2戦目は、廣瀬航騎手を鞍上に迎えて、2歳園田ダート1230m 雨/重)に出走。10頭立ての8番人気で8番ゲートからスタート。でレースが進む中、7番手を追走し、4コーナーは6番手で通過。直線では上がり2位の末脚を繰り出したが上位には割り込めず4着に終わった。

3歳(2024年)

1月9日、中3週で馬体重を前走から12kg増やして迎えた3戦目は、3歳C2園田ダート1400m 晴/良)に出走。鞍上は永井孝典騎手(1戦0勝)。10頭立ての7番人気で9番ゲートからスタート。でレースが進む中、8番手を追走し、4コーナーは9番手で通過。直線では他馬と同じような脚勢になり7着に終わった。

2月1日、中2週で馬体重を前走から14kg絞って迎えた4戦目は、3歳C2姫路ダート1400m 曇/稍重)に出走。鞍上は廣瀬航騎手(1戦0勝)。12頭立ての5番人気で6番ゲートからスタート。でレースが進む中、8番手を追走し、4コーナーは7番手で通過。直線では上がり3位の末脚を繰り出したが上位争いには加われず5着に敗れた。

2月23日、中2週で迎えた5戦目は、下原理騎手を鞍上に迎えて、3歳C2姫路ダート800m 曇/重)に出走。10頭立ての8番人気で5番ゲートからスタート。でレースが進む中、終始9番手を追走。直線では決め手に欠いて7着に終わった。

3月20日、中3週で迎えた6戦目は、3歳C2園田ダート1400m 曇/稍重)に出走。鞍上は永井孝典騎手(2戦0勝)。12頭立ての11番人気で1番ゲートからスタート。でレースが進む中、12番手を追走し、4コーナーは11番手で通過。直線では他馬と同じような脚勢になり7着に終わった。

4月4日、中1週で迎えた7戦目は、石堂響騎手を鞍上に迎えて、3歳C2園田ダート1400m 曇/重)に出走。9頭立ての3番人気で6番ゲートからスタート。でレースが進む中、7番手を追走していたが、徐々に進出して4コーナーを5番手で通過。直線ではじりじりとしか伸びず5着に敗れた。