マーゴットメネス(2021年生、母レーヴドフィユ)

Margot Menes

2021.04.10

マーゴットメネス(2021年4月10日)は、日本の競走馬。牡馬。馬名の意味は「冠名+人名より」。毛色は栗毛。種牡馬のレイデオロ(当時7歳)と交配したレーヴドフィユが17歳のときに産んだ仔が本馬である。産地は北海道静内郡静内町、生産者は千代田牧場。主な勝ち鞍は2024年の3歳未勝利(未勝利)。

経歴

デビュー前

1歳のとき、千代田牧場から「セレクトセールサラブレッド1歳」に上場され、前田良平によって2,090万円で落札された。

伊坂重信厩舎(美浦)へ入厩。

2歳(2023年)

11月11日、デビュー戦は伊藤工真騎手を鞍上に据えて、2歳新馬東京芝1800m 曇/良)に出走。馬体重は472kg。12頭立ての12番人気で11番ゲートからスタート。極端なスローペースでレースが進む中、終始3番手を追走。最後はバテてしまい12着に終わった。

12月2日、中2週で迎えた2戦目は、2歳未勝利中山ダート1800m 晴/良)に出走。ダート戦への出走は初となった。鞍上は2戦連続で伊藤工真騎手(1戦0勝)。16頭立ての13番人気で3番ゲートからスタート。息の入らないペースでレースが進む中、15番手を追走し、4コーナーは16番手で通過。直線ではジリ脚になってしまい15着に終わった。

3歳(2024年)

2月25日、約3か月の間隔を開けて馬体重を前走から10kg増やして迎えた3戦目は、菊沢一樹騎手を鞍上に迎えて、3歳未勝利小倉芝1800m 晴/稍重)に出走。長時間の輸送競馬は初となった。16頭立ての14番人気で10番ゲートからスタート。少し遅いペースでレースが進む中、11番手を追走していたが、途中でズルズルとポジションが下がり、4コーナーを16番手で通過。直線では上がり4位の伸び脚を披露したが上位争いには参加できず11着に終わった。

3月2日、連闘で馬体重を前走から6kg絞って迎えた4戦目は、3歳未勝利小倉芝2000m 晴/稍重)に出走。鞍上は2戦連続で菊沢一樹騎手(1戦0勝)。15頭立ての14番人気で大外15番ゲートからスタート。緩いペースでレースが進む中、3番手を追走していたが、徐々にポジションが下がり4コーナーを7番手で通過。直線では最後まで息が続かず13着に終わった。

3月16日、中1週で迎えた5戦目は、本田正重騎手を鞍上に迎えて、3歳未勝利中京芝2000m 晴/良)に出走。12頭立ての12番人気で10番ゲートからスタート。若干緩いペースでレースが進む中、10番手を追走していたが、途中でジワリジワリとポジションが下がり4コーナーを12番手で通過。直線では決め手に欠いて10着に終わった。

5月26日、中9週で迎えた6戦目は、西村淳也騎手を鞍上に迎えて、3歳戦の3歳未勝利東京芝1600m 晴/良)に出走。18頭立ての15番人気で11番ゲートからスタート。少し緩いペースでレースが進む中、馬場の外目を回って4番手を追走していたが、途中でジワリジワリとポジションが下がり4コーナーを6番手で通過。直線では長くいい末脚でゴールまで走り切り、5着に入り込んだ。

6月15日、中2週で迎えた7戦目は、3歳戦の3歳未勝利東京芝1400m 晴/良)に出走。鞍上は菊沢一樹騎手(2戦0勝)。16頭立ての9番人気で5番ゲートからスタート。遅いペースでレースが進む中、終始3番手を追走。直線に入ると、前で粘るスコアを目の覚めるような末脚で交わし去り、最後は1馬身3/4の差をつけて初勝利を挙げた。