キングスクラウン(2021年生、母Tulips Galore)

Kings Crown

2021.03.24

キングスクラウン(2021年3月24日)は、日本の競走馬。牡馬。馬名の意味は「チューリップの品種名」。毛色は鹿毛。種牡馬のYoshida(当時7歳)と交配したTulips Galoreが9歳のときに産んだ仔が本馬である。産地は北海道新冠郡新冠町、生産者は大栄牧場。

経歴

デビュー前

1歳のとき、大栄牧場から「北海道セレクションセールサラブレッド1歳」に上場されたが主取りとなった。

尾関知人厩舎(美浦)へ入厩。

2歳(2023年)

8月20日、デビュー戦は吉田隼人騎手を鞍上に据えて、2歳新馬札幌芝2000m 曇/稍重)に出走。馬体重は456kg。9頭立ての8番人気で7番ゲートからスタート。極端なスローペースでレースが進む中、8番手を追走し、4コーナーは9番手で通過。直線ではイマイチ伸び切れず9着に終わった。

10月22日、中8週で迎えた2戦目は、江田照男騎手を鞍上に迎えて、2歳未勝利東京ダート1600m 晴/良)に出走。ダート戦への出走は初となった。16頭立ての14番人気で1番ゲートからスタート。若干遅いペースでレースが進む中、4番手を追走していたが、途中でジワリジワリとポジションが下がり4コーナーを6番手で通過。直線では余力が残っておらず15着に終わった。

デビュー前

1歳のとき、大栄牧場から「北海道セレクションセールサラブレッド1歳」に上場されたが主取りとなった。

尾関知人厩舎(美浦)へ入厩。

11月5日、デビュー戦は石橋脩騎手を鞍上に据えて、2歳未勝利東京ダート1300m 晴/良)に出走。馬体重は450kg。15頭立ての4番ゲートからスタート。競走除外となった。

3歳(2024年)

1月14日、約3か月の間隔を開けて馬体重を前走から14kg増やして迎えた3戦目は、3歳未勝利中山ダート1200m 晴/稍重)に出走。鞍上は2戦連続で江田照男騎手(1戦0勝)。15頭立ての15番人気で8番ゲートからスタート。少し速いペースでレースが進む中、終始8番手を追走。直線では鋭い脚を使えず13着に終わった。

3月13日、中7週で迎えた4戦目は、3歳戦のマーチフラワー賞川崎ダート1600m 晴/重)に出走。鞍上は3戦連続で江田照男騎手(2戦0勝)。11頭立ての8番人気で1番ゲートからスタート。少し遅いペースでレースが進む中、5番手を追走していたが、途中でズルズルとポジションが下がり、4コーナーを10番手で通過。直線ではじりじりとしか伸びず10着に終わった。

5月2日、中6週で迎えた5戦目は、松井伸也騎手を鞍上に迎えて、3歳門別ダート1000m 晴/良)に出走。10頭立ての8番人気で6番ゲートからスタート。でレースが進む中、終始4番手を追走。直線では末脚が振るわず6着に終わった。