ユーベルメンシュ(2021年生、母ロックンハードプレイス)

Ubermensch

2021.02.28

ユーベルメンシュ(2021年2月28日)は、日本の競走馬。牡馬。馬名の意味は「鉄人、超人(独)」。毛色は鹿毛。種牡馬のInvincible Army(当時6歳)と交配したロックンハードプレイスが8歳のときに産んだ仔が本馬である。産地は北海道浦河郡浦河町、生産者は信岡牧場。

経歴

デビュー前

1歳のとき、谷川牧場から「北海道セレクションセールサラブレッド1歳」に上場され、中西宏彰によって935万円で落札された。

畑端省吾厩舎(栗東)へ入厩。

2歳(2023年)

10月9日、デビュー戦は内田博幸騎手を鞍上に据えて、2歳新馬東京ダート1400m 雨/不良)に出走。馬体重は544kg。15頭立ての9番人気で3番ゲートからスタート。些か速いペースでレースが進む中、終始6番手を追走。最後は脚色が鈍り13着に終わった。

3歳(2024年)

1月13日、約3か月の休養明けで馬体重を前走から10kg増やして迎えた2戦目は、北村友一騎手を鞍上に迎えて、3歳未勝利京都ダート1200m 晴/良)に出走。16頭立ての8番人気で7番ゲートからスタート。やや厳しいペースでレースが進む中、10番手を追走し、4コーナーは9番手で通過。直線では力強い脚捌きでゴールまで頑張ったが、5着に終わった。

1月27日、中1週で迎えた3戦目は、3歳未勝利小倉ダート1700m 晴/良)に出走。鞍上は2戦連続で北村友一騎手(1戦0勝)。12頭立ての11番人気で4番ゲートからスタート。先陣を切る形となり、リードを2馬身以上確保して、少々速いペースでレースを進める。しかし、途中でズルズルとポジションが下がり、4コーナーを6番手で通過。最後はスピードが落ちてしまい11着に終わった。