トラーパニ(2019年生、母ピーチドラフト)

Trapani

2019.03.07

トラーパニ(2019年3月7日)は、日本の競走馬。牝馬。馬名の意味は「イタリア、シチリアの都市名」。毛色は黒鹿毛。種牡馬のドレフォン(当時6歳)と交配したピーチドラフトが16歳のときに産んだ7番仔が本馬である。産地は北海道新冠郡新冠町、生産者は芳住 鉄兵。主な勝ち鞍は2022年の3歳未勝利。

経歴

デビュー前

1歳のとき、芳住鉄兵から「北海道オータムセールサラブレッド1歳」に上場され、山﨑STABLEによって440万円で落札された。2歳のとき、山﨑STABLEから「北海道トレーニングセールサラブレッド2歳」に上場され、ノーザンファームによって2,035万円で落札された。

上村洋行厩舎(栗東)へ入厩。

2歳(2021年)

11月13日、デビュー戦は吉田隼人騎手を鞍上に据えて、2歳新馬阪神芝1800m 外回り 晴/良)に出走。馬体重は468kg。11頭立ての2番人気に推されて9番ゲートからスタート。若干遅いペースでレースが進む中、7番手を追走していたが、徐々に進出して4コーナーを5番手で通過。直線では天稟の負けじ魂を発揮してゴールまで力走したが、4着に終わった。

12月4日、中2週で馬体重を前走から10kg減らして迎えた2戦目は、福永祐一騎手を鞍上に迎えて、牝馬限定の2歳未勝利阪神芝1600m 外回り 晴/良)に出走。13頭立ての4番人気で10番ゲートからスタート。ミドルペースでレースが進む中、馬場の外目を回って4番手を追走していたが、途中でジワリジワリとポジションが下がり4コーナーを6番手で通過。直線では速い脚を使えず6着に敗れた。

3歳(2022年)

2月20日、約2か月半の間隔を開けて迎えた3戦目は、西村淳也騎手を鞍上に迎えて、3歳未勝利小倉ダート1700m 曇/重)に出走。ダート戦への出走及び長時間の輸送競馬は初となった。15頭立ての2番人気に推されて10番ゲートからスタート。緩やかなペースでレースが進む中、終始2番手を追走。直線では末脚を持続できず、5着に終わった。

3月13日、中2週で迎えた4戦目は、牝馬限定の3歳未勝利中京ダート1400m 晴/良)に出走。鞍上は福永祐一騎手(1戦0勝)。16頭立ての3番人気に推されて11番ゲートからスタート。やや緩いペースでレースが進む中、終始2番手を追走。直線では終いが甘くなり、3着に終わった。

4月10日、中3週で迎えた5戦目は、3歳未勝利阪神芝1400m 晴/良)に出走。鞍上は2戦連続で福永祐一騎手(2戦0勝)。18頭立ての3番人気に推されて1番ゲートからスタート。平均的なペースでレースが進む中、4番手を追走し、4コーナーは3番手で通過。直線では豪快な末脚を弾けさせて先頭に立ち、最後は2着のルパルテールを3/4馬身振り切って未勝利勝ちを決めた。

7月16日、約3か月の休養明けで馬体重を前走から10kg増やして迎えた6戦目は、横山武史騎手を鞍上に迎えて、牝馬限定の3歳以上1勝クラス函館芝1200m 小雨/稍重)に出走。14頭立ての1番人気に推されて大外14番ゲートからスタート。平均ペースでレースが進む中、終始3番手を追走。直線では見所を作れず8着に敗れた。

8月7日、中2週で迎えた7戦目は、浜中俊騎手を鞍上に迎えて、牝馬限定の3歳以上1勝クラス札幌芝1200m 晴/良)に出走。16頭立ての4番人気に推されて8番ゲートからスタート。平均的なペースでレースが進む中、馬場の外目を回って終始3番手を追走。最後はガス欠状態になり10着に敗れた。

10月9日、中8週で馬体重を前走から12kg増やして迎えた8戦目は、藤岡佑介騎手を鞍上に迎えて、3歳以上1勝クラス阪神芝1400m 雨/良)に出走。15頭立ての4番人気で7番ゲートからスタート。少々速いペースでレースが進む中、終始2番手を追走。最後はバタバタになってしまい14着に敗れた。

10月30日、中2週で馬体重を前走から8kg絞って迎えた9戦目は、松岡正海騎手を鞍上に迎えて、3歳以上1勝クラス新潟芝1400m 曇/稍重)に出走。長時間の輸送競馬は初となった。18頭立ての12番人気で15番ゲートからスタート。ミドルペースでレースが進む中、14番手を追走し、4コーナーは13番手で通過。直線では伸びが劣勢になり14着に終わった。

4歳(2023年)

1月7日、中9週で迎えた10戦目は、D.イーガン騎手を鞍上に迎えて、4歳以上1勝クラス中京芝1400m 晴/良)に出走。18頭立ての11番人気で12番ゲートからスタート。やや厳しいペースでレースが進む中、終始9番手を追走。直線では他馬と同じような脚色になり8着に終わった。

4月23日、約3か月半の休み明けで迎えた11戦目は、小沢大仁騎手を鞍上に迎えて、4歳以上1勝クラス京都芝1400m 外回り 晴/良)に出走。18頭立ての17番人気で1番ゲートからスタート。若干緩いペースでレースが進む中、終始3番手を追走。直線では脚が上がってしまい13着に終わった。

5月7日、中1週で迎えた12戦目は、川須栄彦騎手を鞍上に迎えて、4歳以上1勝クラス京都ダート1200m 雨/不良)に出走。16頭立ての5番人気で11番ゲートからスタート。些か速いペースでレースが進む中、12番手を追走し、4コーナーは13番手で通過。直線ではいい脚を見せられず15着に敗れた。

6月4日、中3週で迎えた13戦目は、富田暁騎手を鞍上に迎えて、牝馬限定の3歳以上1勝クラス阪神ダート1400m 晴/稍重)に出走。16頭立ての14番人気で9番ゲートからスタート。ややハイペースでレースが進む中、3番手を追走し、4コーナーは4番手で通過。直線では末脚に勢いがなく8着に終わった。

2023年6月7日付で中央競馬の競走馬登録を抹消した。

8月5日、中8週で迎えた14戦目は、仲野光馬騎手を鞍上に迎えて、芍薬スプリント船橋ダート1200m 晴/良)に出走。11頭立ての7番人気で7番ゲートからスタート。若干速いペースでレースが進む中、終始2番手を追走。最後はガス欠状態になり10着に終わった。

9月28日、中7週で馬体重を前走から30kg増やして迎えた15戦目は、庄司大輔騎手を鞍上に迎えて、一般C1二三四ウ船橋ダート1200m 晴/良)に出走。10頭立ての5番人気で9番ゲートからスタート。やや遅いペースでレースが進む中、終始4番手を追走。直線に入ると、前で粘るアポを豪脚で交わし去り、最後は1馬身の差をつけて久方ぶりに白星を挙げた。

11月27日、中8週で迎えた16戦目は、ジュウイチスプリント船橋ダート1200m 晴/良)に出走。鞍上は2戦連続で庄司大輔騎手(1戦1勝)。11頭立ての3番人気で2番ゲートからスタート。果敢にハナを切り、平均的なペースで集団を引っ張る。先頭のまま1馬身のリードを保って4コーナーを通過。直線ではもうひとつ伸びを欠き、3着に終わった。

5歳(2024年)

1月16日、中6週で迎えた17戦目は、キャロッタ×ウマ娘記念船橋ダート1200m 晴/良)に出走。鞍上は3戦連続で庄司大輔騎手(2戦1勝)。12頭立ての3番人気に推されて4番ゲートからスタート。平均的なペースでレースが進む中、終始2番手を追走。直線では脚を伸ばせず5着に敗れた。

3月6日、中6週で迎えた18戦目は、デイジースプリント船橋ダート1200m 曇/不良)に出走。鞍上は4戦連続で庄司大輔騎手(3戦1勝)。12頭立ての7番人気で3番ゲートからスタート。タフなペースでレースが進む中、5番手を追走していたが、道中でジワリジワリとポジションを押し上げて4コーナーを3番手で通過。直線ではジワリジワリと長く脚を使ってゴールまで力走し、4着を確保した。

5月2日、中7週で迎えた19戦目は、山田義貴騎手を鞍上に迎えて、おうし座スプリント船橋ダート1200m 晴/不良)に出走。12頭立ての2番人気に推されて8番ゲートからスタート。平均的なペースでレースが進む中、終始2番手を追走。直線ではいい脚を見せられず6着に敗れた。

5月31日、中3週で馬体重を前走から14kg減らして迎えた20戦目は、ルピナススプリント船橋ダート1200m 曇/不良)に出走。鞍上は2戦連続で山田義貴騎手(1戦0勝)。12頭立ての3番人気に推されて10番ゲートからスタート。平均的なペースでレースが進む中、終始4番手を追走。直線では鋭い脚を使えず5着に敗れた。