サトノノヴァ(2019年生、母シースプレイ)

Satono Nova

2019.03.09

サトノノヴァ(2019年3月9日)は、日本の競走馬。牡馬。馬名の意味は「冠名+新星」。毛色は鹿毛。種牡馬のサトノアラジン(当時8歳)と交配したシースプレイが12歳のときに産んだ6番仔が本馬である。産地は北海道千歳市、生産者は社台ファーム。主な勝ち鞍は2022年の3歳以上C4-4。

経歴

デビュー前

当歳のとき、社台ファームから「セレクトセールサラブレッド当歳」に上場され、サトミホースカンパニーによって6,048万円で落札された。

池江泰寿厩舎(栗東)へ入厩。

2歳(2021年)

11月7日、デビュー戦は泉谷楓真騎手を鞍上に据えて、2歳新馬阪神芝2000m 晴/良)に出走。馬体重は486kg。7頭立ての5番人気で3番ゲートからスタート。ミドルペースでレースが進む中、3番手を追走していたが、途中でズルズルとポジションが下がり、4コーナーを7番手で通過。直線では速い脚を使えず6着に終わった。

3歳(2022年)

4月10日、約5か月の休養明けで迎えた2戦目は、荻野極騎手を鞍上に迎えて、3歳未勝利阪神ダート1800m 晴/良)に出走。ダート戦への出走は初となった。16頭立ての8番人気で5番ゲートからスタート。平均的なペースでレースが進む中、9番手を追走していたが、途中でズルズルとポジションが下がり、4コーナーを15番手で通過。直線ではジリジリとしか伸びず14着に敗れた。

6月30日、約2か月半の間隔を開けて迎えた3戦目は、岩橋勇二騎手を鞍上に迎えて、3歳以上C4-4門別ダート1600m 内回り 曇/不良)に56kgの斤量を背負って出走。8頭立ての1番人気に推されて1番ゲートからスタート。端を奪う恰好となり、で集団を牽引。先頭のまま1馬身のリードを保って4コーナーを通過。直線では自慢の末脚を炸裂させて、最後は2着のブルーアローをクビ差振り切って初勝利を挙げた。

7月20日、中2週で迎えた4戦目は、フタップの滝賞門別ダート1700m 曇/不良)に出走。鞍上は2戦連続で岩橋勇二騎手(1戦1勝)。6頭立ての圧倒的1番人気に推されて6番ゲートからスタート。でレースが進む中、2番手を追走し、4コーナーは先頭で通過。直線では圧倒的な末脚を弾けさせて悠々と抜け出し、最後は2着のフラワースプリングに3馬身の差をつけて1番人気に応えた。

9月13日、中7週で迎えた5戦目は、新冠町軽種馬生産振興会特別2門別ダート1800m 晴/良)に出走。鞍上は3戦連続で岩橋勇二騎手(2戦2勝)。10頭立ての4番人気で大外10番ゲートからスタート。ハナを取り切り、でレースを牽引。しかし、徐々にポジションが下がり4コーナーを3番手で通過。最後は脚勢が鈍り7着に敗れた。

10月12日、中3週で馬体重を前走から12kg減らして迎えた6戦目は、新ひだか建設協会特別門別ダート1700m 晴/重)に出走。鞍上は4戦連続で岩橋勇二騎手(3戦2勝)。8頭立ての3番人気で3番ゲートからスタート。でレースが進む中、2番手を追走していたが、途中でズルズルとポジションが下がり、4コーナーを5番手で通過。直線では全く伸びず6着に敗れた。

11月9日、中3週で馬体重を前走から8kg戻して迎えた7戦目は、吉原寛人騎手を鞍上に迎えて、由仁町 由栗いも特別門別ダート1700m 晴/稍重)に出走。10頭立ての4番人気で5番ゲートからスタート。でレースが進む中、終始5番手を追走。直線では目立つような脚を使えず5着に敗れた。

4歳(2023年)

1月10日、中8週で迎えた8戦目は、田中学騎手を鞍上に迎えて、4歳以上C2園田ダート1700m 晴/良)に出走。12頭立ての3番人気に推されて4番ゲートからスタート。でレースが進む中、5番手を追走し、4コーナーは6番手で通過。直線では今ひとつ伸びが無く5着に敗れた。

1月24日、中1週で迎えた9戦目は、4歳以上C2姫路ダート1800m 曇/良)に出走。鞍上は2戦連続で田中学騎手(1戦0勝)。7頭立ての3番人気で2番ゲートからスタート。ハナを取り切り、でレースを引っ張る。先頭のまま1馬身のリードを保って4コーナーを通過。直線ではしぶとさが光る走りを見せたが、ロルバーンスカイに交わされて3馬身半差の2着となった。

7月27日、約6か月の休み明けで迎えた10戦目は、山本咲希到騎手を鞍上に迎えて、3歳以上C3二園田ダート1400m 晴/良)に出走。10頭立ての1番人気に推されて8番ゲートからスタート。でレースが進む中、終始2番手を追走。直線ではぐいぐいと末脚を伸ばして先頭をうかがい、最後は2着のアポロハクジャを半馬身振り切って久方ぶりの実戦を制した。

10月6日、中9週で迎えた11戦目は、3歳以上C2三園田ダート1400m 晴/稍重)に出走。鞍上は2戦連続で山本咲希到騎手(1戦1勝)。8頭立ての3番人気で7番ゲートからスタート。でレースが進む中、3番手を追走し、4コーナーは4番手で通過。直線では見せ場なく5着に敗れた。

10月26日、中2週で迎えた12戦目は、3歳以上C2三園田ダート1400m 晴/良)に出走。鞍上は3戦連続で山本咲希到騎手(2戦1勝)。9頭立ての3番人気で4番ゲートからスタート。でレースが進む中、2番手を追走し、4コーナーは3番手で通過。直線では末脚に勢いがなく4着に敗れた。

11月22日、中3週で迎えた13戦目は、3歳以上C2三園田ダート1400m 晴/良)に出走。鞍上は4戦連続で山本咲希到騎手(3戦1勝)。10頭立ての2番人気に推されて2番ゲートからスタート。でレースが進む中、4番手を追走していたが、途中でズルズルとポジションが下がり、4コーナーを7番手で通過。直線では鋭い脚を使えず8着に敗れた。