オンリエド(2021年生、母インカブレイブ)

Onriedo

2021.05.12

オンリエド(2021年5月12日)は、日本の競走馬。牡馬。毛色は黒鹿毛。種牡馬のサトノアレス(当時7歳)と交配したインカブレイブが17歳のときに産んだ仔が本馬である。産地は北海道勇払郡むかわ町、生産者は池本 久志。主な勝ち鞍は2023年の2歳。

経歴

デビュー前

田中正二厩舎(北海道)へ入厩。

2歳(2023年)

5月24日、デビュー戦は阪野学騎手を鞍上に据えて、2歳戦のフレッシュチャレンジ門別ダート1000m 晴/稍重)に出走。馬体重は458kg。12頭立ての6番人気で11番ゲートからスタート。でレースが進む中、5番手を追走していたが、途中でジワリジワリとポジションが下がり4コーナーを7番手で通過。直線では見せ場を作れず11着に敗れた。

6月14日、中2週で迎えた2戦目は、岩橋勇二騎手を鞍上に迎えて、2歳戦のアタックチャレンジ門別ダート1000m 曇/稍重)に出走。12頭立ての8番人気で8番ゲートからスタート。でレースが進む中、5番手を追走していたが、徐々にポジションが下がり4コーナーを8番手で通過。直線ではいい脚を見せられず9着に終わった。

6月27日、中1週で迎えた3戦目は、2歳門別ダート1000m 曇/良)に出走。鞍上は阪野学騎手(1戦0勝)。10頭立ての7番人気で9番ゲートからスタート。でレースが進む中、終始3番手を追走。直線では鋭い脚を使えず5着に終わった。

7月11日、中1週で迎えた4戦目は、2歳門別ダート1000m 雨/稍重)に出走。鞍上は2戦連続で阪野学騎手(2戦0勝)。7頭立ての2番人気に推されて7番ゲートからスタート。でレースが進む中、2番手を追走し、4コーナーは先頭で通過。直線に入ると、馬群に飲まれ3着に沈んだ。

7月26日、中1週で迎えた5戦目は、落合玄太騎手を鞍上に迎えて、2歳門別ダート1000m 晴/良)に出走。11頭立ての4番人気で大外11番ゲートからスタート。でレースが進む中、3番手を追走し、4コーナーは2番手で通過。直線では終いの伸びを欠き、3着に終わった。

8月30日、中4週で迎えた6戦目は、服部茂史騎手を鞍上に迎えて、2歳門別ダート1000m 曇/稍重)に出走。12頭立ての3番人気に推されて11番ゲートからスタート。でレースが進む中、2番手を追走し、4コーナーは3番手で通過。直線ではゴールまでジワジワと伸びたが、3着に終わった。

9月14日、中1週で迎えた7戦目は、2歳門別ダート1000m 雨/不良)に出走。鞍上は阪野学騎手(3戦0勝)。12頭立ての5番人気で7番ゲートからスタート。でレースが進む中、6番手を追走し、4コーナーは7番手で通過。直線ではゴールまでジワジワと伸びたが、4着に終わった。

9月27日、中1週で迎えた8戦目は、2歳戦のドーレくん賞門別ダート1000m 晴/良)に出走。鞍上は落合玄太騎手(1戦0勝)。11頭立ての1番人気に推されて2番ゲートからスタート。端に立ち、で一団を牽引。先頭のまま1馬身のリードを保って4コーナーを通過。直線では上々の伸びを見せたが、テイルスピナーにクビ差交わされて2着に甘んじた。

10月10日、中1週で迎えた9戦目は、石川倭騎手を鞍上に迎えて、2歳門別ダート1100m 曇/重)に出走。12頭立ての2番人気に推されて大外12番ゲートからスタート。でレースが進む中、終始3番手を追走。直線では持ち前のタフネスでしぶとく脚を伸ばしたが、伸びてきたエールステステル決め手に屈してハナ差の2着に甘んじた。

10月25日、中1週で迎えた10戦目は、2歳門別ダート1000m 晴/稍重)に出走。鞍上は2戦連続で石川倭騎手(1戦0勝)。12頭立ての2番人気に推されて大外12番ゲートからスタート。でレースが進む中、4番手を追走し、4コーナーは3番手で通過。直線では矢のような伸び脚で追い上げたが、勝ったペアシェイプドバイに詰め切れず、1馬身半差の2着に敗北した。

11月7日、中1週で迎えた11戦目は、2歳門別ダート1000m 曇/不良)に出走。鞍上は落合玄太騎手(2戦0勝)。12頭立ての圧倒的1番人気に推されて6番ゲートからスタート。端に立つ形となり、で馬群を牽引。先頭のまま1馬身のリードを保って4コーナーを通過。直線では自慢の末脚を炸裂させて先頭に躍り出て、最後は2着のカリビアンスマイルに2馬身半の差をつけて待望の初白星を挙げた。

12月28日、中6週で迎えた12戦目は、岡村卓弥騎手を鞍上に迎えて、2歳高知ダート1300m 晴/稍重)に出走。8頭立ての2番人気に推されて大外8番ゲートからスタート。先頭に立つ格好となり、後続を2馬身以上離して、でレースを牽引。先頭のまま1馬身のリードを保って4コーナーを通過。直線に入ると、粘りを欠いて4着に沈んだ。

3歳(2024年)

1月7日、中0週で迎えた13戦目は、3歳戦の1才おめでとう特別高知ダート1300m 晴/稍重)に出走。鞍上は2戦連続で岡村卓弥騎手(1戦0勝)。9頭立ての3番人気で8番ゲートからスタート。でレースが進む中、終始2番手を追走。最後は脚を失くしてしまい9着に敗れた。

1月28日、中2週で迎えた14戦目は、畑中信司騎手を鞍上に迎えて、3歳高知ダート1300m 晴/良)に出走。8頭立ての3番人気で3番ゲートからスタート。でレースが進む中、6番手を追走していたが、徐々にポジションが下がり4コーナーを8番手で通過。直線ではイマイチ伸び切れず8着に敗れた。

2月25日、中3週で迎えた15戦目は、3歳高知ダート1400m 曇/不良)に出走。鞍上は岡村卓弥騎手(2戦0勝)。10頭立ての8番人気で5番ゲートからスタート。でレースが進む中、2番手を追走していたが、途中でズルズルとポジションが下がり、4コーナーを10番手で通過。直線では他馬と同じような脚勢になり10着に終わった。

4月13日、中6週で迎えた16戦目は、出水拓人騎手を鞍上に迎えて、3歳戦のスプリングスター賞佐賀ダート900m 晴/良)に出走。12頭立ての3番人気に推されて1番ゲートからスタート。敢然と端をきり、で一団を引っ張る。先頭のまま1馬身のリードを保って4コーナーを通過。直線では堅調な伸びを見せたが、フェノーウルフに半馬身交わされて2着に敗北した。

4月28日、中1週で迎えた17戦目は、3歳戦のホープスター特別佐賀ダート1400m 晴/稍重)に出走。鞍上は2戦連続で出水拓人騎手(1戦0勝)。11頭立ての6番人気で8番ゲートからスタート。でレースが進む中、4番手を追走していたが、徐々に進出して4コーナーを先頭で通過。直線では目を引く伸び脚で猛進したが、アルテミスバイオに半馬身交わされて2着となった。

5月13日、中1週で迎えた18戦目は、3歳戦のシャイニングスター特別佐賀ダート1400m 晴/不良)に出走。鞍上は3戦連続で出水拓人騎手(2戦0勝)。11頭立ての2番人気に推されて8番ゲートからスタート。でレースが進む中、2番手を追走し、4コーナーは先頭で通過。直線では息長く終いの脚を伸ばして、最後は2着のカガカプチーノに1馬身の差をつけて2勝目をゲットした。