ウルトラクロス(2021年生、母ストールンブライド)

Ultra Cross

2021.05.27

ウルトラクロス(2021年5月27日)は、日本の競走馬。牡馬。毛色は鹿毛。種牡馬のウルトラカイザー(当時13歳)と交配したストールンブライドが19歳のときに産んだ仔が本馬である。産地は北海道新冠郡新冠町、生産者はつつみ牧場。主な勝ち鞍は2023年のKYUSHU DREAM賞。

経歴

デビュー前

真島正徳厩舎(佐賀)へ入厩。

2歳(2023年)

11月20日、デビュー戦は石川倭騎手を鞍上に据えて、2歳戦のホープフルデビュー佐賀ダート900m 晴/稍重)に出走。馬体重は476kg。4頭立ての2番人気で5番ゲートからスタート。でレースが進む中、終始2番手を追走。直線では持ち味のガッツで最後まで奮闘したが、勝ったロトプレシャスに詰め切れず、4馬身差の2着と苦杯を喫した。

12月10日、中2週で迎えた2戦目は、2歳戦のKYUSHU DREAM賞佐賀ダート900m 晴/良)に出走。鞍上は2戦連続で石川倭騎手(1戦0勝)。10頭立ての圧倒的1番人気に推されて6番ゲートからスタート。でレースが進む中、終始2番手を追走。直線に入ると、前で粘るヒルズクィーンを次元の違う末脚で交わし去り、最後は1馬身1/4の差をつけて初白星を挙げた。

3歳(2024年)

1月5日、中3週で迎えた3戦目は、3歳戦のウェルカム2024賞佐賀ダート1400m 晴/重)に出走。鞍上は3戦連続で石川倭騎手(2戦1勝)。10頭立ての圧倒的1番人気に推されて7番ゲートからスタート。でレースが進む中、3番手を追走し、4コーナーは4番手で通過。直線では他馬と同じような脚勢になり4着に敗れた。

1月27日、中2週で迎えた4戦目は、3歳戦の霞初月賞佐賀ダート1400m 曇/不良)に出走。鞍上は4戦連続で石川倭騎手(3戦1勝)。11頭立ての1番人気に推されて10番ゲートからスタート。でレースが進む中、4番手を追走し、4コーナーは3番手で通過。直線ではビュッと切れる脚で猛追したが、勝ったスターオブウーノに詰め切れず、2馬身差の2着に敗北した。

2月12日、中1週で迎えた5戦目は、3歳戦のグリーンカップ佐賀ダート1400m 晴/稍重)に出走。鞍上は5戦連続で石川倭騎手(4戦1勝)。10頭立ての6番人気で7番ゲートからスタート。でレースが進む中、5番手を追走していたが、途中でズルズルとポジションが下がり、4コーナーを8番手で通過。直線では見せ場を作れず9着に終わった。

2月24日、中1週で迎えた6戦目は、3歳戦のうまかつJC 2nd 第9戦佐賀ダート1400m 曇/不良)に出走。鞍上は6戦連続で石川倭騎手(5戦1勝)。10頭立ての2番人気に推されて6番ゲートからスタート。でレースが進む中、終始2番手を追走。直線に入ると、前で粘るクラウンフラッシュを豪快な末脚で交わし去り、最後は1馬身の差をつけて2勝目を手にした。

3月23日、中3週で迎えた7戦目は、石川慎将騎手を鞍上に迎えて、3歳戦の古伊万里特別佐賀ダート1750m 雨/不良)に出走。9頭立ての3番人気で2番ゲートからスタート。でレースが進む中、5番手を追走していたが、途中でズルズルとポジションが下がり、4コーナーを9番手で通過。直線ではイマイチ伸び切れず9着に敗れた。

4月13日、中2週で迎えた8戦目は、3歳戦のスプリングスター賞佐賀ダート900m 晴/良)に出走。鞍上は2戦連続で石川慎将騎手(1戦0勝)。12頭立ての4番人気で大外12番ゲートからスタート。でレースが進む中、7番手を追走し、4コーナーは8番手で通過。直線ではじりじりとしか伸びず6着に敗れた。

4月27日、中1週で迎えた9戦目は、3歳戦のKYUSHU DREAM賞佐賀ダート1400m 晴/重)に出走。鞍上は3戦連続で石川慎将騎手(2戦0勝)。12頭立ての3番人気に推されて1番ゲートからスタート。でレースが進む中、終始3番手を追走。直線では勝負根性が光る走りを見せたが、勝ったスターオブウーノに詰め切れず、3馬身差の2着に敗北した。

5月11日、中1週で迎えた10戦目は、3歳戦の鯱の門特別佐賀ダート1800m 曇/良)に出走。鞍上は4戦連続で石川慎将騎手(3戦0勝)。8頭立ての6番人気で5番ゲートからスタート。でレースが進む中、5番手を追走していたが、徐々に進出して4コーナーを3番手で通過。直線では堅調な伸びを見せたが、勝ったグッドタイミングに詰め切れず、2馬身差の2着となった。