サンサンタイヨウ(2019年生、母メイショウオヒサマ)

Sansan Taiyo

2019.03.02

サンサンタイヨウ(2019年3月2日)は、日本の競走馬。牝馬。馬名の意味は「元気な太陽」。毛色は黒鹿毛。種牡馬のメイショウボーラー(当時18歳)と交配したメイショウオヒサマが6歳のときに産んだ初仔が本馬である。産地は北海道浦河郡荻伏村、生産者は高昭牧場。主な勝ち鞍は2022年の3歳。

経歴

デビュー前

渡辺薫彦厩舎(栗東)へ入厩。

3歳(2022年)

1月23日、デビュー戦は菱田裕二騎手を鞍上に据えて、牝馬限定の3歳新馬中京ダート1200m 曇/良)に出走。馬体重は440kg。13頭立ての4番人気で2番ゲートからスタート。スローペースでレースが進む中、5番手を追走し、4コーナーは4番手で通過。直線ではじわりじわりと長く脚を使ってゴールまで頑張ったが、4着に終わった。

3月26日、中8週で迎えた2戦目は、牝馬限定の3歳未勝利中京ダート1400m 曇/稍重)に出走。鞍上は2戦連続で菱田裕二騎手(1戦0勝)。16頭立ての6番人気で10番ゲートからスタート。ミドルペースでレースが進む中、終始2番手を追走。直線では天性の負けじ魂を発揮してゴールまで力闘し、4着に入った。

4月17日、中2週で迎えた3戦目は、牝馬限定の3歳未勝利福島ダート1150m 晴/稍重)に出走。長時間の輸送競馬は初となった。鞍上は3戦連続で菱田裕二騎手(2戦0勝)。16頭立ての6番人気で4番ゲートからスタート。平均的なペースでレースが進む中、終始6番手を追走。直線では鋭い脚を使えず11着に敗れた。

6月19日、中8週で迎えた4戦目は、高倉稜騎手を鞍上に迎えて、3歳未勝利阪神芝1400m 晴/良)に出走。芝レースへの出走は初となった。18頭立ての8番人気で9番ゲートからスタート。忙しいペースでレースが進む中、3番手を追走し、4コーナーは4番手で通過。直線では脚が残っておらず10着に敗れた。

8月13日、中7週で迎えた5戦目は、牝馬限定の3歳未勝利小倉ダート1700m 晴/良)に出走。鞍上は2戦連続で高倉稜騎手(1戦0勝)。16頭立ての9番人気で4番ゲートからスタート。敢然とハナを奪い、非常に速いペースで一団を先導。しかし、途中でズルズルとポジションが下がり、4コーナーを16番手で通過。直線では鋭い末脚を繰り出せず16着に終わった。

2022年8月17日付で中央競馬の競走馬登録を抹消した。

9月19日、中4週で馬体重を前走から21kg増やして迎えた6戦目は、安藤洋一騎手を鞍上に迎えて、3歳大井ダート1400m 曇/不良)に出走。13頭立ての2番人気に推されて12番ゲートからスタート。端を奪う恰好となり、平均的なペースで集団を牽引。先頭のまま1馬身のリードを保って4コーナーを通過。直線では次元の違う末脚を炸裂させて突き抜け、最後は2着のアイスラリマーに3馬身半の差をつけて初勝利を挙げた。

10月6日、中1週で迎えた7戦目は、新宿区賞大井ダート1400m 雨/稍重)に出走。鞍上は2戦連続で安藤洋一騎手(1戦1勝)。14頭立ての1番人気に推されて9番ゲートからスタート。端に立ち、平均的なペースで一団を牽引。先頭のまま1馬身のリードを保って4コーナーを通過。直線では脚が上がってしまい13着に敗れた。

11月3日、中3週で迎えた8戦目は、一般C2四五大井ダート1200m 晴/良)に出走。鞍上は3戦連続で安藤洋一騎手(2戦1勝)。15頭立ての5番人気で13番ゲートからスタート。若干遅いペースでレースが進む中、2番手を追走し、4コーナーは3番手で通過。最後はスピードが落ちてしまい15着に敗れた。

11月17日、中1週で迎えた9戦目は、一般C2三四大井ダート1600m 内回り 曇/良)に出走。鞍上は4戦連続で安藤洋一騎手(3戦1勝)。14頭立ての7番人気で12番ゲートからスタート。緩いペースでレースが進む中、8番手を追走し、4コーナーは9番手で通過。直線では脚を伸ばせず12着に敗れた。

12月8日、中2週で迎えた10戦目は、岡村健司騎手を鞍上に迎えて、アクダクト賞大井ダート1200m 晴/不良)に出走。16頭立ての10番人気で13番ゲートからスタート。少し遅いペースでレースが進む中、終始11番手を追走。直線ではじりじりとしか伸びず10着に終わった。

12月29日、中2週で迎えた11戦目は、菜々緒賞大井ダート1200m 晴/良)に出走。鞍上は安藤洋一騎手(4戦1勝)。15頭立ての6番人気で1番ゲートからスタート。ミドルペースでレースが進む中、終始6番手を追走。直線では末脚がパッとせず10着に敗れた。

4歳(2023年)

1月25日、中3週で迎えた12戦目は、一般C2五六大井ダート1200m 晴/良)に出走。鞍上は岡村健司騎手(1戦0勝)。16頭立ての12番人気で5番ゲートからスタート。ミドルペースでレースが進む中、7番手を追走していたが、道中でジワリジワリとポジションを押し上げて4コーナーを5番手で通過。直線では末脚のキレが鈍く6着に終わった。

2月23日、中3週で迎えた13戦目は、山崎誠士騎手を鞍上に迎えて、一般C2四五大井ダート1200m 晴/良)に出走。16頭立ての12番人気で3番ゲートからスタート。端をきる恰好となり、平均的なペースで集団を牽引。先頭のまま1馬身のリードを保って4コーナーを通過。最後は脚色が鈍り16着に終わった。

3月9日、中1週で迎えた14戦目は、がんばれ!関東の酪農応援in大井賞大井ダート1200m 晴/良)に出走。鞍上は岡村健司騎手(2戦0勝)。15頭立ての10番人気で2番ゲートからスタート。ハナに立つ恰好となり、やや遅いペースで馬群を引っ張る。先頭のまま1馬身のリードを保って4コーナーを通過。最後はタレてしまい13着に終わった。

3月30日、中2週で迎えた15戦目は、後藤蒼二朗騎手を鞍上に迎えて、一般C2四五六大井ダート1200m 晴/不良)に出走。16頭立ての12番人気で15番ゲートからスタート。ミドルペースでレースが進む中、16番手を追走し、4コーナーは15番手で通過。直線では上がり1位の末脚を繰り出したが上位には割り込めず15着に終わった。

4月20日、中2週で迎えた16戦目は、一般C2五六大井ダート1200m 晴/良)に出走。鞍上は安藤洋一騎手(5戦1勝)。16頭立ての14番人気で10番ゲートからスタート。平均ペースでレースが進む中、14番手を追走し、4コーナーは13番手で通過。直線では見せ場なく14着に終わった。

5月12日、中2週で迎えた17戦目は、中島良美騎手を鞍上に迎えて、たて座特別大井ダート1000m 晴/良)に出走。12頭立ての8番人気で大外12番ゲートからスタート。平均的なペースでレースが進む中、終始5番手を追走。最後は脚色が鈍り10着に終わった。

5月25日、中1週で迎えた18戦目は、一般C2五六大井ダート1200m 曇/稍重)に出走。鞍上は後藤蒼二朗騎手(1戦0勝)。10頭立ての9番人気で大外10番ゲートからスタート。若干遅いペースでレースが進む中、終始9番手を追走。直線では末脚にキレが無く10着に終わった。

6月7日、中1週で迎えた19戦目は、一般C2五六大井ダート1200m 晴/重)に出走。鞍上は2戦連続で後藤蒼二朗騎手(2戦0勝)。10頭立ての10番人気で3番ゲートからスタート。少し遅いペースでレースが進む中、終始9番手を追走。直線では脚を伸ばせず10着に終わった。

6月29日、中2週で迎えた20戦目は、一般C2五六大井ダート1200m 晴/良)に出走。鞍上は3戦連続で後藤蒼二朗騎手(3戦0勝)。14頭立ての13番人気で13番ゲートからスタート。やや緩いペースでレースが進む中、8番手を追走していたが、徐々にポジションが下がり4コーナーを11番手で通過。直線では末脚を伸ばせず14着に終わった。

7月10日、中1週で迎えた21戦目は、谷内貫太騎手を鞍上に迎えて、わし座特別大井ダート1000m 晴/良)に出走。11頭立ての8番人気で1番ゲートからスタート。ミドルペースでレースが進む中、終始11番手を追走。直線では上がり1位の末脚を繰り出したが上位争いには加われず10着に終わった。

7月31日、中2週で迎えた22戦目は、菅原涼太騎手を鞍上に迎えて、ブルータープ賞大井ダート1600m 内回り 晴/良)に出走。13頭立ての13番人気で9番ゲートからスタート。ややスローペースでレースが進む中、2番手を追走していたが、徐々にポジションが下がり4コーナーを5番手で通過。最後は脚勢が衰えて13着に終わった。

8月13日、中1週で迎えた23戦目は、一般C2十一十二大井ダート1200m 曇/稍重)に出走。鞍上は2戦連続で菅原涼太騎手(1戦0勝)。11頭立ての9番人気で2番ゲートからスタート。息の入らないペースでレースが進む中、終始2番手を追走。直線では最後まで息が続かず8着に終わった。

9月23日、中5週で迎えた24戦目は、田中直人騎手を鞍上に迎えて、4歳以上C2-4佐賀ダート1300m 曇/不良)に出走。10頭立ての2番人気に推されて大外10番ゲートからスタート。敢然と端を奪い、でレースを進める。先頭のまま1馬身のリードを保って4コーナーを通過。直線では豪快に終いの脚を伸ばして先頭を奪い、最後は2着のパワポケゴーに1馬身半の差をつけて優勝

10月14日、中2週で迎えた25戦目は、長田進仁騎手を鞍上に迎えて、うまてなしDX賞佐賀ダート1400m 曇/良)に出走。12頭立ての2番人気に推されて1番ゲートからスタート。端を奪う形となり、で馬群を引っ張る。先頭のまま1馬身のリードを保って4コーナーを通過。直線では鮮やかな末脚を炸裂させて、最後は2着のワンダーベールに2馬身の差をつけて3勝目を手にした。

10月29日、中1週で迎えた26戦目は、ペガスス座特選佐賀ダート900m 晴/良)に出走。鞍上は2戦連続で長田進仁騎手(1戦1勝)。12頭立ての1番人気に推されて6番ゲートからスタート。主導権を握る恰好となり、で集団を先導。先頭のまま1馬身のリードを保って4コーナーを通過。直線ではきっちりと末脚を伸ばして先頭を奪い、最後は2着のララガブリエルに1馬身の差をつけて4勝目を手中に収めた。

11月20日、中2週で迎えた27戦目は、向寒賞佐賀ダート1400m 晴/稍重)に出走。鞍上は3戦連続で長田進仁騎手(2戦2勝)。11頭立ての2番人気に推されて大外11番ゲートからスタート。ハナを切る恰好となり、で馬群を引っ張る。しかし、徐々にポジションが下がり4コーナーを3番手で通過。最後はタレてしまい8着に敗れた。