ピアシック(2016年生、母Our Miss Jones)

Pier Chic

2016.04.24

ピアシック(2016年4月24日)は、アメリカ合衆国で生まれ、日本で調教された競走馬。牡馬。馬名の意味は「桟橋+上品」。毛色は鹿毛。種牡馬のCentral Banker(当時6歳)と交配したOur Miss Jonesが15歳のときに産んだ仔が本馬である。主な勝ち鞍は2021年の4歳以上2勝クラス。

経歴

デビュー前

森秀行厩舎(栗東)へ入厩。

2歳(2018年)

9月2日、デビュー戦は武豊騎手を鞍上に据えて、2歳新馬小倉芝1800m 晴/稍重)に出走。馬体重は462kg。16頭立ての2番人気に推されて3番ゲートからスタート。非常に遅いペースでレースが進む中、13番手を追走していたが、途中でジワリジワリとポジションが下がり4コーナーを15番手で通過。直線では伸びが劣勢になり16着に敗れた。

12月16日、約3か月半の休養明けで馬体重を前走から16kg増やして迎えた2戦目は、2歳未勝利阪神ダート1200m 晴/良)に出走。ダート戦への出走は初となった。鞍上は2戦連続で武豊騎手(1戦0勝)。15頭立ての4番人気で10番ゲートからスタート。平均的なペースでレースが進む中、8番手を追走していたが、道中でジワリジワリとポジションを押し上げて、馬場の大外を通りながら4コーナーを6番手で通過。直線ではキレのある末脚を披露し、3着に入った。

3歳(2019年)

1月13日、中3週で迎えた3戦目は、3歳未勝利京都ダート1400m 晴/良)に出走。鞍上は3戦連続で武豊騎手(2戦0勝)。16頭立ての4番人気に推されて8番ゲートからスタート。やや厳しいペースでレースが進む中、終始11番手を追走。直線では上がり3位タイの末脚を見せたが上位には割り込めず8着に敗れた。

2月23日、中5週で迎えた4戦目は、3歳未勝利阪神ダート1200m 晴/稍重)に出走。鞍上は4戦連続で武豊騎手(3戦0勝)。16頭立ての1番人気に推されて11番ゲートからスタート。若干遅いペースでレースが進む中、10番手を追走していたが、道中でジワリジワリとポジションを押し上げて4コーナーを7番手で通過。直線では次元の違う末脚を炸裂させて先頭をうかがい、最後は2着のヒロノトウリョウを3/4馬身振り切って初白星を挙げた。

4月7日、中5週で馬体重を前走から12kg減らして迎えた5戦目は、3歳500万下阪神ダート1400m 晴/良)に出走。鞍上は5戦連続で武豊騎手(4戦1勝)。16頭立ての7番人気で1番ゲートからスタート。平均的なペースでレースが進む中、終始12番手を追走。直線では脚が残っておらず14着に敗れた。

9月15日、約5か月半の休み明けで馬体重を前走から28kg戻して迎えた6戦目は、3歳以上1勝クラス阪神ダート1200m 晴/良)に出走。鞍上は6戦連続で武豊騎手(5戦1勝)。15頭立ての8番人気で1番ゲートからスタート。若干速いペースでレースが進む中、終始15番手を追走。直線では次元の違う末脚を炸裂させて前にいた14頭をごぼう抜きし、最後は2着のシャドウハンターに3馬身の差をつけて久々の一戦をモノにした。

10月21日、中4週で迎えた7戦目は、3歳以上2勝クラスの三峰山特別東京ダート1300m 曇/稍重)に出走。長時間の輸送競馬は初となった。鞍上は7戦連続で武豊騎手(6戦2勝)。16頭立ての3番人気に推されて15番ゲートからスタート。平均ペースでレースが進む中、馬場の外目を回って10番手を追走し、4コーナーは9番手で通過。直線では天稟の負けん気を発揮してゴールまで力走したが、5着に終わった。

11月17日、中3週で迎えた8戦目は、3歳以上2勝クラス京都ダート1200m 晴/良)に出走。鞍上は8戦連続で武豊騎手(7戦2勝)。16頭立ての2番人気に推されて大外16番ゲートからスタート。些か速いペースでレースが進む中、終始16番手を追走。直線では素晴らしい伸び脚で猛追したが、抜け出したロードラズライトを差し切れず、3馬身差の2着に敗北した。

12月15日、中3週で迎えた9戦目は、3歳以上2勝クラスの高砂特別阪神ダート1200m 晴/良)に出走。鞍上は9戦連続で武豊騎手(8戦2勝)。16頭立ての1番人気に推されて13番ゲートからスタート。少し遅いペースでレースが進む中、終始14番手を追走。直線では物凄い伸び脚で猛追したが、抜け出したクリノサンレオに半馬身届かず2着に敗北した。

4歳(2020年)

1月6日、中2週で迎えた10戦目は、4歳以上2勝クラス京都ダート1200m 曇/良)に出走。鞍上は10戦連続で武豊騎手(9戦2勝)。15頭立ての1番人気に推されて16番ゲートからスタート。ややハイペースでレースが進む中、終始15番手を追走。直線では閃光のような末脚を発揮したが、4着に終わった。

3月15日、中9週で迎えた11戦目は、4歳以上2勝クラス阪神ダート1200m 晴/重)に出走。鞍上は11戦連続で武豊騎手(10戦2勝)。16頭立ての1番人気に推されて3番ゲートからスタート。若干緩いペースでレースが進む中、12番手を追走し、4コーナーは11番手で通過。直線ではパワフルな末脚を発揮したが、5着に終わった。

4月5日、中2週で迎えた12戦目は、4歳以上2勝クラス阪神ダート1200m 晴/良)に出走。鞍上は12戦連続で武豊騎手(11戦2勝)。16頭立ての1番人気に推されて10番ゲートからスタート。平均ペースでレースが進む中、12番手を追走し、4コーナーは11番手で通過。直線では今一つ伸び切れず7着に敗れた。

6月6日、中8週で迎えた13戦目は、3歳以上2勝クラス阪神ダート1200m 晴/良)に出走。鞍上は13戦連続で武豊騎手(12戦2勝)。16頭立ての3番人気に推されて7番ゲートからスタート。やや遅いペースでレースが進む中、終始16番手を追走。直線では力強い脚捌きでゴールまで頑張ったが、5着に終わった。

5歳(2021年)

1月16日、約7か月半の休養明けで馬体重を前走から16kg増やして迎えた14戦目は、4歳以上2勝クラス中京ダート1200m 曇/良)に出走。鞍上は14戦連続で武豊騎手(13戦2勝)。14頭立ての5番人気で8番ゲートからスタート。やや遅いペースでレースが進む中、終始13番手を追走。直線では閃光の如き末脚を繰り出し、3着に入った。

2月6日、中2週で馬体重を前走から8kg絞って迎えた15戦目は、4歳以上2勝クラス中京ダート1200m 晴/稍重)に出走。鞍上は15戦連続で武豊騎手(14戦2勝)。16頭立ての2番人気に推されて13番ゲートからスタート。かなりのスローペースでレースが進む中、13番手を追走していたが、道中でジワリジワリとポジションを押し上げて4コーナーを11番手で通過。直線では長くいい脚を使ってゴールまで頑張ったが、5着に終わった。

3月7日、中3週で迎えた16戦目は、4歳以上2勝クラス阪神ダート1200m 曇/稍重)に出走。鞍上は16戦連続で武豊騎手(15戦2勝)。16頭立ての1番人気に推されて8番ゲートからスタート。平均的なペースでレースが進む中、終始13番手を追走。直線では次元の違う末脚を炸裂させて前にいた12頭をごぼう抜きし、最後は2着のジオラマに1馬身1/4の差をつけて久しぶりに白星を挙げた。

4月11日、中4週で迎えた17戦目は、勝浦正樹騎手を鞍上に迎えて、ハンデ戦で4歳以上3勝クラスのやまびこステークス新潟ダート1200m 晴/良)に54kgの軽斤量で出走。15頭立ての1番人気に推されて11番ゲートからスタート。若干遅いペースでレースが進む中、終始13番手を追走。直線では強靭な末脚を披露したが、3着に終わった。

5月15日、中4週で迎えた18戦目は、4歳以上3勝クラスの八海山ステークス新潟ダート1200m 晴/良)に出走。鞍上は2戦連続で勝浦正樹騎手(1戦0勝)。15頭立ての2番人気に推されて11番ゲートからスタート。平均的なペースでレースが進む中、14番手を追走し、4コーナーは15番手で通過。直線では素晴らしい伸び脚で猛追したが、抜け出したサダムスキャットを差し切れず、1馬身3/4差の2着に敗北した。

6月27日、中5週で迎えた19戦目は、3歳以上3勝クラスの花のみちステークス阪神ダート1200m 曇/良)に出走。鞍上は武豊騎手(16戦3勝)。16頭立ての1番人気に推されて6番ゲートからスタート。やや遅いペースでレースが進む中、13番手を追走していたが、道中でジワリジワリとポジションを押し上げて、馬場の外目を通りながら4コーナーを11番手で通過。直線では非凡な末脚を披露したが、4着に終わった。

7月10日、中1週で迎えた20戦目は、浜中俊騎手を鞍上に迎えて、3歳以上3勝クラスのマレーシアカップ小倉芝1200m 晴/良)に出走。7頭立ての6番人気で6番ゲートからスタート。些か速いペースでレースが進む中、終始7番手を追走。直線ではジリジリとしか伸びず7着に終わった。

8月21日、中5週で迎えた21戦目は、戸崎圭太騎手を鞍上に迎えて、3歳以上3勝クラスの上越ステークス新潟ダート1200m 曇/良)に出走。15頭立ての2番人気に推されて3番ゲートからスタート。若干速いペースでレースが進む中、終始15番手を追走。直線では圧巻の末脚を披露したが、5着に終わった。

11月21日、約3か月の休み明けで馬体重を前走から12kg増やして迎えた22戦目は、3歳以上3勝クラスの姫路ステークス阪神ダート1400m 曇/良)に出走。鞍上は2戦連続で戸崎圭太騎手(1戦0勝)。16頭立ての5番人気で15番ゲートからスタート。少々速いペースでレースが進む中、馬場の外目を回って11番手を追走し、4コーナーは10番手で通過。直線では瞬発力に富んだ末脚を発揮したが、5着に終わった。

12月4日、中1週で迎えた23戦目は、3歳以上3勝クラスの妙見山ステークス阪神ダート1200m 曇/良)に出走。鞍上は武豊騎手(17戦3勝)。16頭立ての2番人気に推されて大外16番ゲートからスタート。平均ペースでレースが進む中、13番手を追走し、4コーナーは12番手で通過。直線では非凡な末脚を繰り出したが、3着に終わった。

12月26日、中2週で迎えた24戦目は、3歳以上3勝クラスの2021フェアウェルステークス中山ダート1200m 晴/良)に出走。鞍上は2戦連続で武豊騎手(18戦3勝)。16頭立ての4番人気に推されて5番ゲートからスタート。速いペースでレースが進む中、終始10番手を追走。直線では上がり3位の末脚を見せたが上位争いには参加できず7着に敗れた。

6歳(2022年)

12月3日、約11か月半の休養明けで迎えた25戦目は、3歳以上3勝クラスの妙見山ステークス阪神ダート1200m 晴/稍重)に出走。鞍上は3戦連続で武豊騎手(19戦3勝)。13頭立ての7番人気で8番ゲートからスタート。少し緩いペースでレースが進む中、終始10番手を追走。直線では上がり3位の伸び脚を披露したが上位争いには加われず6着に敗れた。

12月25日、中2週で迎えた26戦目は、3歳以上3勝クラスの2022フェアウェルステークス中山ダート1200m 晴/稍重)に出走。鞍上は4戦連続で武豊騎手(20戦3勝)。16頭立ての9番人気で11番ゲートからスタート。緩みのないペースでレースが進む中、終始16番手を追走。直線では上がり1位タイの末脚を繰り出したが上位争いには参加できず12着に終わった。